この記事にいいね!しよう!

子どもを守るための知識 放射能・電磁波

放射能と生活スタイル、面倒だけど考えてみるべき時期なんだな

更新日:

Pocket

いま、いろんな情報が飛び交っていますよね。

自分で調べない限り、ネットに頼るしかないのも実情。何が本当のことなのか、何が隠された情報なのか、わからなくなる時代です。

だからこそ、「これさえ知っておけば避けられる」という知識が大事になってくる時代。

無知こそが怖い、そんな時代に私たちは自分で考える必要を迫られています。

そんなこんなでちょっと、放射能について知っておきたいことをまとめました。

放射線による被ばくとは何か

放射線を浴びることを被ばくといいます。

これは少量でも大量でも同じで、地球上に住んでいる限りは必ず生物は被ばくしていると言えます。

しかし、人体に影響のない被ばくと、悪い影響のある被ばくとあり、ここでは悪い影響について調べていきます。




 

放射線被ばくによる急性障害とは

これは、かなり多くの放射線を一気に浴びることによって症状が現れます。

一週間前後、懸命な治療期間を入れると数か月で亡くなることが多いです。

被ばく量のイメージとしては原爆が落とされた広島・長崎の人々に現れた症状です。原爆からは大量のガンマ線(9割)と中性子線(1割)が放出されました。

ヒロシマ原爆の初期放射線量を下記に表します。

(財団法人放射線影響研究所より)

  爆心地(0m地点)  

  ガンマ線 123,000msv(ミリシーベルト)
中性子線 35,000msv

  500m地点      

  ガンマ線  35,000msv(ミリシーベルト)
中性子線  6,400msv

(原子爆弾の放射能汚染と、福島原発周辺地域の放射能汚染から引用)

 

御覧のように、「年間1ミリシーベルト」を安全な被ばく線量の目安にしている数値からすると、比べ物にならないくらい、助かるはずもない莫大な量の放射線が降り注ぎました。

外を歩いていた人々は、熱戦や爆風のほかに、外部被ばく(重度のやけど)で一瞬で亡くなってしまいました。

 

また、原爆投下後も大量の放射性物質が拡散されていましたが、家族の安否を確認しに現場に行った人々は、かなりの放射線が降り注ぐとも知らずに長時間外をうろうろしていたので、かなりたくさんの方が被ばくによる急性障害で数か月以内に亡くなっています。

これは、放射線が白血球を壊していくために起こる白血球の減少が主で、治療には骨髄移植や大量の輸血が必要です。

大体、1シーベルト/時間の被ばくで人は白血球がなくなり亡くなることがわかっています。いわゆる致死量です。

もちろんこの被ばく量では生死をさまよいながら治療を受けることになります。

味噌が放射能から体を守る?原爆生き残りの話は真実かデマか。玄米や塩も効果あり?インスタントはどう?

Contents1 長崎の爆心地から生還した医師、秋月氏の逸話と記録2 この話はデマ?いいえ、研究結果が証明しています3 日頃から放射線被ばくに負けない免疫力を高める食事をとる4 どんな発酵食を選んだ ...

続きを見る

放射線被ばくによる晩発性障害とは

いわゆる「直ちに影響はない」けれど、長い年月をかけて少し多めの被ばくをした場合に、癌などの病気を発病することです。

今ほとんどの人が気にしているのは、この放射線による晩発性障害のことでしょう。

しかし、これは全く同じ被ばく線量であったとしても、全員が病気になるわけではありません。

発癌する人と発癌しない人がいる、ということです。

つまり、病気になる「原因」でもあるわけで、その原因やリスクを取り除くことも私たち自身でできるのです

食べるものや、水、外出時に少し気を付けるだけで、そのリスクは大幅に減らせます。

例えば発がんを促す成分を含む食べ物を避けるとか。

スナック菓子は子どものおやつには最悪!アメリカでの有毒表記まとめ

スナック菓子、一度食べたら止まらないですよね。 お腹が空いていなくても、一袋食べれちゃうようなおいしさと中毒性。 大好き!という人も多いのではないでしょうか。 でも、もしスナック菓子の袋に 「警告 こ ...

続きを見る

夏の氷菓子は発がん性物質の飲み物。危険な合成着色料入りに注意。

毎日暑い日が続いていますね。 私も幼いころは、部活帰りに冷たい氷菓子を買っては食べていたのを思い出します。 筒状のジュースを凍らせて、食べるのは夏の風物詩のような気さえします。 ところが。 大人になり ...

続きを見る

ソーセージの添加物って体に悪いの?国連が加工肉は食べないでって言ってるよ

国連の期間の一つである世界保健機構(WHO)が、 「加工肉には発がん性があるよ」 って認めちゃいました。毎日フランクフルト1本、ベーコン2,3枚を食べると、大腸癌リスクは18%アップなんだそうです。 ...

続きを見る

化学製品にまみれた生活をちょっと見直してみる、とかですね。

子どもが歯磨き粉を飲んじゃう...食べても大丈夫な歯磨き粉6選

歯みがきは嫌いだけれど、歯磨き粉を付けると何とか磨いてくれる・・・ でも、いくら気をつけても飲み込んでしまって困っている・・・ うがいのできないちいさい子どもに歯磨き粉は本来いらないのですが、それでも ...

続きを見る

毎日の日焼け止めの紫外線吸収剤が赤ちゃんや小さな子どもに危険な理由。アメリカの研究で成分が体内を巡っていることが判明。

春先から急に強くなる紫外線。 夏だけでなく、外に出る時にはいつも塗るという女性も多いのでは。 特に肌の弱い赤ちゃんや小さな子どもにはしっかり塗ってあげるお母さんも多いかと思います。   しか ...

続きを見る

【洗剤使わないお洗濯】ベビーマグちゃんの効果がない、怪しいと言われる理由

我が家の次男は超敏感肌です。 かさかさ、痒い。部分的にハタケのようになってしまって、掻きむしってしまう。 夏には掻きむしったところが日焼けせず、色抜けしていてまだらな次男。 皮膚科の先生にも、「柔軟剤 ...

続きを見る

被ばくすると何が起こるのか

まず、放射線は基本的に、DNAを切って傷つけます。

少量の損傷、とくに自然界の放射線であれば、DNAの持つ修復作用が働いてほぼ無害ですが、損傷が大きく修復が間違って行われてしまうと、そのまま間違ったままの細胞が増えて影響を及ぼします。

ラジウム・ラドン温泉は子どもや妊婦さんに安全?温泉の効果効能と、放射線による癌の危険性を調べてみた!

健康に良いとして毎年訪れる人が多い、ラジウム温泉地をご存知でしょうか。 日本全国東北から九州まで、さまざまな場所にラジウム温泉地があります。 「ラジウム温泉」「ラドン温泉」「放射能温泉」などと呼ばれて ...

続きを見る

細胞を増やし続けている成長期の子どもや妊婦さんがX線検査などの人工放射線に気を付けなければいけないのは、そのためです。

急性障害では、大量のDNA損傷を一気に引き起こすために外部被ばくによるやけど、内部被ばくによる吐血、下痢、白血病などDNAの回復が困難な状態までに壊されます。

よくネットで懸念・拡散されている生物の奇形は、このDNAの修復が間違った状態で成長したもの、と考えられます。

また、「基準以下」という言葉を信じて何でもかんでも食べたり飲んだりして体内に取り込んでいると、内部被ばくにより晩発性障害を引き起こす確率が高くなります。

アメリカでは、原発から排出される「基準以下」のトリチウムを含んだ水を源水とする街の人々が、特に子供を中心に癌や脳腫瘍で亡くなっています。

特に高い線量ではありませんが、低線量の毎日の内部被ばくがもたらす深刻な例です。

私達の住む日本も、場所によりますが原発事故の影響で低線量の放射性物質が少しづつ取り込まれる環境にあります。

自分でどれだけ被ばく量を減らせるか。

どれだけ身の回りの有害物質を減らして暮らせるか。

子どもたちのためにも、少し真剣に考える時代になったと思います。




 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

夏の「絶対読んで欲しい記事」5つ

1

暑い日が続き、嫌な虫たちも増えてきましたね。 この季節、虫よけはどこのご家庭でも使っているものだと思いますが、赤ちゃんやペットのいるご家庭ではその成分に疑問が出てくる頃ではないでしょうか。 今は蚊にく ...

2

春先から急に強くなる紫外線。 夏だけでなく、外に出る時にはいつも塗るという女性も多いのでは。 特に肌の弱い赤ちゃんや小さな子どもにはしっかり塗ってあげるお母さんも多いかと思います。   しか ...

3

昨日は関東は夏日でした! でも、風邪はまだひんやりとしていて、網戸を空けておくととっても涼やか。 次男が昼寝している間中、寝室も網戸にしておいたのですが・・・忘れてました! 風が強いと黄砂?が少なから ...

4

日本の夏、Gの夏。 私の寿命が縮まる瞬間、それがGとの遭遇。 その繁殖力、生命力、生きていくうえで必要な進化力、どれをとってもダントツに優れているのです。 そんな彼らと対決しようとしているのですから、 ...

5

毎日暑い日が続いていますね。 私も幼いころは、部活帰りに冷たい氷菓子を買っては食べていたのを思い出します。 筒状のジュースを凍らせて、食べるのは夏の風物詩のような気さえします。 ところが。 大人になり ...

-子どもを守るための知識, 放射能・電磁波

Copyright© こそだて部! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.