この記事にいいね!しよう!

バクロスTV 化学物質・添加物

バクロスTV第2話は「今、農薬と抗生物質が危ない!」

更新日:

Pocket

テレビでは離せない、ここだけの本当の話「バクロスTV」。
市民が作った初の番組として注目されています。
市民によるアクションを促すために、賛同してくださる方にはシェアをお願いしています( *´艸`)



第2回「今、農薬と抗生物質が危ない!」の内容は?

農薬を使った農法について

土壌中の微生物や土壌生物の力を借りないで、農業をやっていった方が大量生産できるし安定供給できる、という意味で、農家の方が農薬を悪いものだと思っていません。
農薬取締法という法律はあるが、詳しく学んでいる農家はどれくらいいるのかというと、あまりいないのが現状です。
土壌の死滅化、砂漠化が現状に起きています。

無農薬、無肥料野菜であれば、捨てる箇所もなくなかなか腐らない強い野菜ができるので、
「本来野菜は腐らない、枯れていくものであって、そうでなければ種が取れない」という諸説の検証もしています。
腐る方が本当はおかしい、なんて、初めて聞きました・・・
結構冷蔵庫で腐らせてしまうので・・・・

そういえばヒカキンが、動画でバナナを1年間冷蔵庫で採っておいたものを剥いてみよう!ってのをやっていましたね・・・
バナナって、腐ってドロドロになりません??
あのバナナ、ミイラのように腐るというか、形も保っていたんですよね。無肥料無農薬だったのかしら・・・

話はずれましたが、内海医師が農薬は麻薬と変わらない、持論を展開したりと面白いことになっています。
脳内の神経伝達物質を全部シャットアウトする成分であり、脳内に蓄積させて作用する、という働きが同じだということです。

市民の質問コーナー

子どもがこれから健康で元気に生きていくために、親としてするべきことやそして何を避ければいいのかを具体的に知りたいです

という質問。これ、ずばりこのブログのテーマです。

子どもたちは何も知らない

ということを念頭において、大人が教えることを選ぶことが大切です。

例えば、

●野菜はどうやってできているのか、無肥料無農薬の畑に見学に行く

●料理は何からできているのか、料理前の形を知るという意味で料理をさせてみる

など、簡単にできることから体験的に学んでいくことを勧めています。

これって、教育現場でもそうですがとっても大切で、子どもって机上の知識だけでは自分のものにならないんです。

漢字は書き取りできるけど、作文で使えないとか、英検2級持っているけど会話できないとかってことと同じです。

特に食については、今まさに「何から作られているか」をきちんと五感で学ぶ必要があります。

何も知らなければ、何から作られているのかも知らずに口に入れてしまうわけです。そんな大人はたくさんいます。

 

自分の買い物を見直してみる、五感で食べ物、生き物に触れていく。これが私たちにできることです。

消費者が賢くなりましょう。

 

詳しくは、動画でどうぞ!

 

あれ?抗生物質の話、どこいった?笑

 




この記事が気に入ったらいいね!しよう

夏の「絶対読んで欲しい記事」5つ

1

暑い日が続き、嫌な虫たちも増えてきましたね。 この季節、虫よけはどこのご家庭でも使っているものだと思いますが、赤ちゃんやペットのいるご家庭ではその成分に疑問が出てくる頃ではないでしょうか。 今は蚊にく ...

2

春先から急に強くなる紫外線。 夏だけでなく、外に出る時にはいつも塗るという女性も多いのでは。 特に肌の弱い赤ちゃんや小さな子どもにはしっかり塗ってあげるお母さんも多いかと思います。   しか ...

3

昨日は関東は夏日でした! でも、風邪はまだひんやりとしていて、網戸を空けておくととっても涼やか。 次男が昼寝している間中、寝室も網戸にしておいたのですが・・・忘れてました! 風が強いと黄砂?が少なから ...

4

日本の夏、Gの夏。 私の寿命が縮まる瞬間、それがGとの遭遇。 その繁殖力、生命力、生きていくうえで必要な進化力、どれをとってもダントツに優れているのです。 そんな彼らと対決しようとしているのですから、 ...

5

毎日暑い日が続いていますね。 私も幼いころは、部活帰りに冷たい氷菓子を買っては食べていたのを思い出します。 筒状のジュースを凍らせて、食べるのは夏の風物詩のような気さえします。 ところが。 大人になり ...

-バクロスTV, 化学物質・添加物

Copyright© こそだて部! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.