手作り石鹸が手放せない!トラブル知らずのお肌になっちゃう良質なオイルで作る石鹸が無敵すぎる

Pocket


ずーっと気になっていた石鹸の手作り講座に、お友達の紹介で行ってきました!

これを使って次男のアトピーっぽいお肌も、私のカサカサなお肌も、目に見えて良くなってきています♪

知ってしまうともう手放せない!
スキンケアレベルの良質なオイルを使った安心手作り石鹸のご紹介です。

手作り石鹸の成分の化学を知ろう。トラブル知らずな理由がわかるよ。

 

明るく元気でお話上手な女性の石けん職人さんが開く「手作り石鹸」講座はいつも人気。

その理由は

「肌にいいものしか入っていない」

「余計な合成成分は一切入っていない」

「使った人から実感していて、口コミで広まっている」

ということ。

とってもわかりやすく、今まで使っていたものの危うさと石鹸の良さを説明してくれるんです。

石けん成分を化学的に説明するとこんな感じ。

石けんの主な原料は動植物性の油脂(オイル)です。

油脂は1つのグリセリンに3つの脂肪酸が結合した形をしており、水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)のような強アルカリと反応させると、加水分解して脂肪酸ナトリウム(石けん)とグリセリンになります。

私たちが油脂を食べたときにも、油脂は腸で脂肪酸とグリセリンに分解されて消化吸収されます。つまり、石けんは自然界にごく普通に存在するものであり、人の体を構成する物質の一部なんです。
ということで石けんは皮膚に対して刺激が少ないし、毒性も小さいことはお分かりかと思います♪(石けんの化学 参照)

今使っている他の洗剤の成分を知っていますか?

そんな手作り石鹸は洗顔・洗髪はもちろん、洗濯や掃除にも使えます。

無毒性の石鹸なら安心なのですが、今一度身の回りの洗剤を見まわしてみませんか?

 

私たちの生活は実は合成洗剤だらけ。体をきれいにしていると思っていたボディーソープも、頭皮をきれいに保つと思っていたシャンプーも、お皿を洗う食器洗剤も、お風呂を洗うお風呂洗剤も、合成洗剤です。

中にはシャンプーと食器洗剤に入っているものが同じ成分なんて言うこともあります。

例えば、食器洗剤のチャーミーシリーズの主成分である「アルキルアミンオキシド」は、一般的にシャンプーやボディソープ、コンタクト洗浄液などに配合されています。

また、合成洗剤で使われているもので次に多い「アルキル硫酸エステルナトリウム」については、ヨーロッパでは警戒されている界面活性剤です。

難解性で環境に悪い、製造過程で発がん物質が副生混入する、皮膚障害がひどいという特徴を持ちます。

お皿洗いで手荒れしてしまう人が多いのは、このせいです。

また、歯みがき粉とシャンプーが同じ成分なんていうこともあります。

これらにはラウリル硫酸ナトリウムが大体入っています。

ラウリル硫酸ナトリウムは、他にもシェービングクリーム、ガレージフロア洗剤、洗車用洗剤などに使われているものです。

口に入れるものと、頭や車を洗うものが同じなんですね。

発がん性はないという事で安全性が謳われていますが、皮膚刺激が強く皮膚や目に炎症を長期にわたり起こす恐れがあるとされています。

発がん性以外の症状が最も多いとわかっているのに、発がん性がないというだけで安全だと言われている問題の多い成分です。

 

私たちは、こうして中身を知って使っているものがどれだけあるのでしょう?

手作り石鹸なら、どんなオイルを使っているのかも把握できています。むしろ、スキンケアにも使われているような良質なオイルを使うことで、使う度にお肌がしっとりしてくるんです。

手作り石鹸の成分で気になる劇薬「苛性ソーダ」はトラブルの元?

手作り石鹸で苛性ソーダを使わない方法はないの?

苛性ソーダは劇薬指定されていて、薬局でも身分証明書がないと買えないようなものです。

手に着けば赤くなって痛いし、揮発した成分を吸い込めばせき込んでしまうような、そのままだと危険な成分です。

そういったこともあり、手作り石鹸の作り方で、苛性ソーダを使わない方法を探している方もいるかと思います。

ただ、苛性ソーダを使うことで、絶対に混ざらない水と油がしっかり混ざり合い石鹸となります。

石けん職人さん
苛性ソーダは強アルカリ性です。石鹸を作って1か月以上寝かせることで、強アルカリが中性になって無害化します。

ふむふむ。

手作り石鹸は作っても、乾燥させたり中性化するために1か月は放って置かないといけないようです。

そして、苛性ソーダも中性になってくれば、刺激がなくなってくるとのこと。

逆に苛性ソーダを使わないと、石鹸が固まりにくく、使っているうちにドロドロに。

さらにエコで流行中の「廃油石鹸」をつくろうとすると材料のオイルの質が悪く、

石けん職人さん
廃油を固めるために本来必要以上の苛性ソーダを使用します。そうすると、やはり苛性ソーダの刺激が強く残ってしまうので、材料に良いオイルを使うことは大事です。
ということなんだそうです。
廃油で石鹸をつくろうと思っている方は、その廃油の質も考えて石鹸を作った方が良さそうです。「お肌に塗っても良いオイル」を基準にしましょう。

手作り石鹸の簡単レシピのキーは良質なオイル!もはや無敵。

石けん職人さんの原料はこちらのたった3つ!

〇精製水

〇苛性ソーダ

〇オイル(米油、ココナッツオイルなどを中心とした、良質なオイル)

苛性ソーダは必要最小限、オイルはそのままお肌に塗っても食べても体にいいものばかり。

これらで作った石けんは、油汚れだけを落とすので、お肌はしっとり。

「化粧水を慌てて塗らなくて済むどころか、化粧水がいらない!」

「ひび割れていた手荒れもすっかり良くなって、もう手荒れをしなくなった」

「かかとのひび割れがなくなって、ストッキングが伝線しなくなった!」

などという実体験の口コミだけで広がってきた手作り石鹸。

手作り石鹸の作り方・レシピについての記事はこちら

 

実際に私も作って使ってみての感想ですが、

アトピー肌に次男に石鹸の泡でパックをするだけで、お風呂上がりの保湿もほとんど必要なくなりました。

お休みの日にお出かけ先で洗濯してもらった服(たぶん洗剤か柔軟剤が合わなかった)で荒れてしまったお肌も、泡パックで数日したらすっかりおさまりましたよ。

自分のお肌も泡パックすると、角栓がうっすら浮き上がってピーリングにもなり、ツルツル具合に驚き!夕方パリパリになることもなくなりました!
どんな化粧品よりも手作り石鹸で美肌に効果が感じられたことは、高い化粧品を使って若さを維持してきたと思っていた身にとって、本当に悔しいです・・・
もはや、無敵の「スキンケア」石鹸といえますね・・・

手作り石鹸に混ぜる♪様々な成分でトラブル別にいろんな石けんが楽しめる!

特に重宝しているのはこの手作り石鹸に「米ぬか」を混ぜたもの。

米ぬかはシミやくすみを防ぐポリフェノールの一種であるフェルラ酸や、抗酸化作用に優れたγオリザノールが豊富。美肌に特化した米ぬか石鹸が家族のお肌トラブルには手放せません。

さらに「竹炭」を混ぜて消臭効果に特化した竹炭石鹸は、パパや思春期のお子さんにぴったり。臭いのトラブルに夏場は特に重宝します。

他にも、ゴートミルクとアボカド石鹸は肌トラブルの多い次男用、ガスールクレイを混ぜた石鹸は私用と、家族の好みで使い分け♪

顔を洗う度しっとりするので、お風呂タイムが楽しくなります♪

 

どんな化粧品でも乾燥する乾燥肌の人、

合うものが見つからない敏感肌の人、

かさかさかゆかゆのお子さんがいる人、

食器洗いで手荒れに悩む人、(食器洗いにももちろん使えます)

肌トラブル全般に手作り石鹸が超おすすめです!

作るのはちょっと・・・(面倒くさい)という方にはこちらが断然オススメです↓

【ナーブルスソープ】乾燥を防ぎ、肌を潤す完全無添加オーガニック石鹸



Shareこの記事をシェアしよう!