この記事にいいね!しよう!

化学物質・添加物 子どもを守るための知識 生協・宅配食材

ソーセージの添加物って体に悪いの?国連が加工肉は食べないでって言ってるよ

更新日:

Pocket

国連の期間の一つである世界保健機構(WHO)が、

「加工肉には発がん性があるよ」

って認めちゃいました。毎日フランクフルト1本、ベーコン2,3枚を食べると、大腸癌リスクは18%アップなんだそうです。

しかも、「なるべく加工肉は摂らないように」、とまで言っちゃってます。

これは、22人の研究者さんが800件近くの研究結果を分析したものが、権威ある英雑誌に発表されたというから疑う余地はなさそうです。

ほぼほぼ毎日大量に食べているんじゃないかと思われるアメリカ人、ピンチ・・・!!!

やまゆう
っていうか、日本人だって相当ピンチ・・・・!!!!だって朝、ソーセージ食べる人多いよね!?お弁当に入ってるよね!?

赤肉でも発がん性は喫煙やアスベストと同じ最高レベルに位置付けられてしまいました。

でも、WHOは加工肉や赤肉の何がどんなふうに悪いのかははっきり書いていないんですよね・・・いや、もしかしたら英語の論文にはあーでこーでそーなって、、、って書いてあるかもしれませんけども。

だからこそ、ここでは主に加工肉の何が悪いのか、ハッキリわかっていることだけでもとりあえず見ていきましょう~。

ソーセージの体に悪い添加物 発色剤の亜硝酸ナトリウム

注意ポイント

劇薬指定・致死量2グラム、亜硝酸ナトリウム。

国連の研究機関であるIARCが、「肉製品への加工添加物として使用すると発がん性がある」と認めている成分です。

実は、亜硝酸ナトリウム自体が発がん性があるというわけではありません。

お肉を加工するにあたって、その過程で亜硝酸ナトリウムと反応して発生するニトロソアミンという物質に、発がん性が認められています。

いつも私たちがスーパーで見ているソーセージにはほとんどこの亜硝酸ナトリウムが使われています。シャウエッセンや香燻などですね。

この亜硝酸ナトリウムを取ると体にどんな変化が起きるのかと言うと…

注意ポイント

亜硝酸ナトリウムを大量に摂ると、血管拡張・ヘモグロビンの鉄が酸化して酸素と結びつかず、体が酸欠状態となります。

血球の破壊、尿細管の閉鎖などの体調不良が現れます。

乳児は影響が顕著に出ます。

吐き気やチアノーゼなどの急性中毒症状が起きることもあります。

ソーセージだけを大量に食べるということってあまりないとは思いますが、偏食でソーセージだけはよく食べるから食卓に良く出す、というママはちょっと注意してみてください。

我が家の冷蔵庫ではソーセージに表記がありました。

こんな感じで、ほぼソーセージはこの亜硝酸Naが入っています。

お肉の発色剤として使われているので、お肉本来の色味である「無塩せき」のソーセージを選んで食べることが大切です。

(無塩せきは亜硝酸ナトリウムに漬け込んでいないものを差します。)

ソーセージの体に悪い添加物2 リン酸塩

リン酸塩は、お肉とお肉の粘着剤として使用されています。

とくに、原料となる輸入お肉を解凍時に肉汁が出て行かないように添加されます。

バサバサするお肉を、しっかりと美味しくくっつけるための添加物です。

リンの摂りすぎでどんな体にどんな変化が起きるのかと言うと・・・

注意ポイント

歯の病気・腎臓への重い負担・骨粗鬆症など、深刻な状態

となります。

ソーセージを毎日食べるというならば、このリン酸塩は軽く見ることができない添加物です。

亜硝酸ナトリウムに漬け込んでいない「無えんせきソーセージ」でも、このリン酸塩を使用しているものがあります。

しっかり成分表示を確認しましょう。

亜硝酸ナトリウム・リン酸無添加の無塩せきソーセージってあるの?

無塩せきソーセージは増えてきています

日本ハムの「森の薫り」は、無塩せきソーセージとして売り出されています。パッケージもソーセージの赤っぽい色から、グリーンへとチェンジ。

主要ブランドのソーセージだっただけに、あまりスーパーが取り扱わない「無塩せき」へのシフトチェンジには驚きです。

だって、売り上げは必ず落ちますから・・・

やまゆう
いつも行くスーパーは、森の薫りを置くことをやめてしまいました。無塩せきソーセージの取り扱いはゼロです。

でも、リン酸塩は使っています。

 

生協コープデリが扱っているコープブランドのソーセージも無塩せき。

特にブラウンマイスター、皮なしウインナーは重宝します。ただ、シャウエッセンの「パリッ じゅわー」に慣れていると、物足りないかも・・・でも、これが実際のお肉なんですよね~。

リン酸塩も不使用なのはポイントが高い。ただし、アミノ酸調味料を使用しています。惜しい!

無塩せきで、リン酸塩もアミノ酸調味料も不使用のソーセージ!

信州ハムのグリーンマーク

あまり取り扱いのない信州ハム製品。グリーンマークは無添加のソーセージで、とても信用できます。

近くのスーパーに取り扱いがあってすごーくラッキー!

ただし、やっぱりちょっと今までのソーセージに慣れてしまった子どもたちにとっては物足りないみたいです。

グリーンマークはハムやベーコンも出しているので、加工肉を使ったお料理をしたいときに重宝します。

パルシステムのポークソーセージ

<発色剤として使われる亜硝酸ナトリウム、肉質を補うリン酸塩、そして化学調味料。

この3つが入っていない、パルシステムが開発したポークウインナー。

新鮮な肉を使って加工できる環境を整えているので、味や質感をごまかすための添加物はいらないように開発されてきました。
大手肉加工メーカーの常識にとらわれずに、添加物なしで挑んだソーセージ。

開発当初はやはり質感が悪く肉同士がくっつかなかったり、クレームをたくさん受けたりしながら試行錯誤してきた商品です。

添加物を加えてしまえば簡単なものを、

「食べるものは身体を作る」

というパルシステムの信念を曲げずに改善を繰り返してきたウインナーソーセージ。

おれが、期待以上においしい!

あらびきソーセージのようなブツブツのしろい脂の塊もなく、上質なお肉を使用していることがわかります。

見た目の色は見慣れたソーセージとは違って白っぽいですが、子供に食べさせるならと考えたらこっちがいいですよね。

やまゆう
食育ノイローゼ気味になっていた子育て中の友人は、パルシステムの取り組みを知らなかったので、教えてあげたら非常に喜んでくれました。

添加物や化学調味料について少しでも気を遣おうと思ったら、パルシステムは圧倒的な味方だと思います。

大量生産や利益の追求ではなく、「体のこと」を一番に考える。

これから何十年も生きていく子どもを持つ現代の親として当然なのですが、与えられるままに食べて良い時代ではなくなりましたね。

パルシステムは、「できるだけ添加物や化学調味料を使わない」をモットーにしている宅配生協です。

「食べたものは、身体になっていくから。」

この先の子どもたちの体を作っていくのは、私たち、親の選んだ食材です。

急に宅配食材はちょっと・・・という方は、資料請求だけしてみてはいかがでしょうか。

生協の宅配パルシステム
公式HP↓

生協の宅配パルシステム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

夏の「絶対読んで欲しい記事」5つ

1

暑い日が続き、嫌な虫たちも増えてきましたね。 この季節、虫よけはどこのご家庭でも使っているものだと思いますが、赤ちゃんやペットのいるご家庭ではその成分に疑問が出てくる頃ではないでしょうか。 今は蚊にく ...

2

春先から急に強くなる紫外線。 夏だけでなく、外に出る時にはいつも塗るという女性も多いのでは。 特に肌の弱い赤ちゃんや小さな子どもにはしっかり塗ってあげるお母さんも多いかと思います。   しか ...

3

昨日は関東は夏日でした! でも、風邪はまだひんやりとしていて、網戸を空けておくととっても涼やか。 次男が昼寝している間中、寝室も網戸にしておいたのですが・・・忘れてました! 風が強いと黄砂?が少なから ...

4

日本の夏、Gの夏。 私の寿命が縮まる瞬間、それがGとの遭遇。 その繁殖力、生命力、生きていくうえで必要な進化力、どれをとってもダントツに優れているのです。 そんな彼らと対決しようとしているのですから、 ...

5

毎日暑い日が続いていますね。 私も幼いころは、部活帰りに冷たい氷菓子を買っては食べていたのを思い出します。 筒状のジュースを凍らせて、食べるのは夏の風物詩のような気さえします。 ところが。 大人になり ...

-化学物質・添加物, 子どもを守るための知識, 生協・宅配食材

Copyright© こそだて部! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.